スペシャルティコーヒー豆専門店 スマイルのブログです
プロフィール

smilecoffee

Author:smilecoffee
smilecoffee店主がコーヒーについてつぶやいています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドピック
ハンドピック

よく日本の自家焙煎店で「生豆のときと焙煎後に丁寧にハンドピックしています」という話を聞きます。決して悪いことではないのですが、使用している豆の品質に疑問がわきます。生産国での珈琲豆の収穫から精製過程を知ると、誰でもすぐに理解できるのでちょっと紹介します。

珈琲の実は、大別すると過熟、完熟、未完熟、未熟、虫食いetcが一緒になって収穫されます。これを水に漬けると、軽いもの>虫食いや過熟で軽くなった豆が浮き、実の入った重い完熟、未完熟、未熟な豆は沈みます。浮いた豆は格外品。次に完熟と未完熟、未熟を比重によって分けたり、完熟した実は果肉が柔らかくなっているのを利用して遠心分離により選別していきます。その後発行工程を経て、熟度が揃った豆を乾燥させます。その後、醗酵や乾燥、パーチメントの脱穀などの過程を経て緑の生豆になります。

そして豆の大きさ別に選別され、最終は人手により、色が黒いもの、破損したもの、変色したものを取り除かれています。これらの選別をちゃんとやってもらっている珈琲豆は、輸入国でハンドピックをする必要がないのです。

生産国では、選別に人件費もかかっているし珈琲豆の値段も手を掛けた分高くなります。もし、買い付けのときに値切ると未熟や格外品が増量のために混ぜられることも・・・。

しかし、スマイルで使用しているスペシャルティコーヒーはここまでが入り口で、その後、カッピングによってクリーンカップ、スウィートネス、アシディティ、マウスフィール、フレイヴァ、アフターテイスト、バランス、オーバーオールの8項目により珈琲豆(液)の品質を点数評価して農園から直接購入しています。

生豆が綺麗なのは当然としても、美味しいのとは別のことなんです。ですからカッピングによる珈琲の品質評価が必要になっているんです。ハンドピックが必要な生豆は、適切な精製処理がなされていないので美味しくない可能性が高いと思われます。

なるほど!と思ったらクリックしてください。

知ってるよ!という方もお願いします。


この記事に対するコメント

 ご無沙汰しています!


 なんでもそうですが、良い物には手間がかかりますよね!

 最近は、いかにも手間をかけているような感じで、安い物まで高く売りつける。

 儲け第一主義の風潮がありますけど・・・本物を見極めて本物を多くの方に是非知らせていければいいですよね!


 今週頭は忙しいので中過ぎに是非お店にお伺いしたいのですが?

 さし使いなければ、場所とおられる時間お教えください!

 事務所では、UCCのコーヒー豆で・・・・・・です。

 みんなコーヒー好きなんだけど、住宅の建材や日用品等々は全国の物を調べてきましたが、良く自分達が飲むコーヒーは本当にこだわっていない事に・・・少し考えさされています!

 よろしくお願いします!
【2006/10/22 15:14】 URL | 松ちゃん #- [ 編集]


松ちゃん さま

良い素材を手に入れるのはとても苦労しますよね・・・。

珈琲豆も生産者に美味しい珈琲を収穫、精製してもらうためには、何が美味しい珈琲か?どうすれば美味しいくなるのか?をしっかりコミニュケーションしなければならないようです。

店の場所は、二葉通りのにきつ神社より鶴羽神社バス停の前辺りです。
http://www.smilecoffee.net/をご覧いただければ幸いです。
だいたい店に居ります。
【2006/10/23 10:59】 URL | smile #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://smilecoffee.blog50.fc2.com/tb.php/30-7b0bca00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。